< 女性の薄毛対策
女性の薄毛対策

髪の毛のハリ・コシとは?

どんなに健康な髪の毛にも、実は寿命があります。 ある一定の期間伸びた髪は、自然に抜け落ち、新しい髪に生え変ります。この周期を「ヘアサイクル(毛周期)」と呼んでいます。 髪の毛は、まず一つの毛穴からうぶ毛のような細く短い毛が生え、太く、長く成長していきます。1日、平均0.3ミリのペースで伸び続けるこの期間を「成長期」と呼び、一般に、男性が2~5年、女性は少し長くて5~6年の間続きます。 この毛髪が最も活発に伸びる時期を経て、毛根が退化する「退行期」となり、2、3週間後には、成長が完全にストップする「休止期」に入り、自然に髪は抜け落ちます。 正常な毛髪サイクルであれば、脱毛した後は、2、3カ月を経て、再び同じ毛穴から発毛し、同じサイクルをたどることになります。 しかし、何らかの原因で、毛髪の成長を抑制する因子が作用し、ヘアサイクルの回転がストップすると、薄毛や抜け毛が生じることになってしまうというわけなのです。

キューティクルとは?

良くテレビコマーシャルで耳にするキューティクルですが、髪の毛の表面を保護する為にあるうろこ状の膜の事です。 髪の内部を守り、また内部の栄養素を漏らさない働きをします。キューティクルを壊さないようにすれば、「コシ・ハリがある」髪をキープできます。

髪のコシ・ハリがなくなる原因とは?

髪のハリやコシがなくなる原因には、以下のようなものが挙げられます。 まず加齢により、頭皮の毛母細胞の機能が低下し、細くて元気の無い髪しか生えてこなくなります。 また、頭皮の毛細血管に血液が行き渡らないことも原因のひとつです。 女性ホルモンであるエストロゲンの減少が、抜け毛・薄毛を促進してしまいます。

髪の毛のハリ・コシを保つにはどうすればいいの?

まずは、アミノ酸系の育毛シャンプー、コンディショナーを使って丁寧に髪を洗いましょう。 シャンプー残りは頭皮を痛めますので、十分にすすぐようにします。 また、ドライヤーが髪の毛に近すぎたり、濡れた髪のままブラッシングするとキューティクルを傷めますので、注意しましょう。 パーマとヘアカラーを同じ日にすると、髪と頭皮に負担をかけますので、できれば別の日にするようにしましょう。 紫外線も髪を痛めますので、直射日光に髪を当てる時間を短くするようにします。 そして、栄養バランスのとれた食生活に加え、髪は睡眠時間に成長しますから、十分な睡眠の習慣を保ちつつ、ストレスを溜めない生活も必要です。 加えて、頭皮を清潔に保つ育毛剤の使用もお勧めいたします。