< 女性の薄毛対策
女性の薄毛対策

自然脱毛と異常脱毛

髪の毛には「ヘアサイクル」という周期があります。そして、「成長期」「退行期」「休止期」という一連の周期を経て生え変わることになっています。 ヘアサイクルの中で、「休止期」の後に「成長期」に移るのですが、その前に、髪の毛は脱毛します。この抜け毛は自然脱毛といい、自然のサイクルですので、異常脱毛とは違います。 1日に50本から100本の抜け毛は正常であり、心配はいりません。また、春や秋のような季節の変わり目と呼ばれる時期になると、休止期の髪の毛が増えます。200~300本の抜け毛が発生することがありますが、これも異常脱毛ではありません。 一方、毎日50本から100本以上の大量の毛が抜けるという場合は、「異常脱毛」である可能性があります。 異常脱毛とは、何らかの要因で「成長期」「退行期」「休止期」という周期のヘアサイクルが乱れてしまい、成長期が短く、休止期が長くなってしまうことにより、発生する抜け毛です。 ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が生えてきても、成長段階の、まだ、うぶ毛の状態で抜け落ちてしまい、次の毛髪が生えてくるまでに、かなりの時間がかるようになってしまいます。これが、さらに悪化すると、休止期が延々と続くようになり、新しい毛髪が生えてこなくなってしまうのです。

異常脱毛の原因と見分け方

異常脱毛が発生する原因には色々なことがあります。 まず、AGAと呼ばれる、男性ホルモンの働きによる「男性型脱毛症」です。頭皮で、男性ホルモンの一部が発毛を阻害してしまい、脱毛が進んでしまいます。 他には、頭皮のフケが原因で脱毛が進んでしまう「粃糠(ひこう)性脱毛症」、頭皮の皮脂の量が過剰になることで起こる「脂漏性脱毛症」、強いストレスが原因で起こる「神経性脱毛症」などがあります。 異常脱毛は、抜け落ちた髪の毛の毛根部分を見ると、原因がある程度つかめます。 健康で正常な抜け毛の毛根は、 先端がこんぼう状の形態をした、丸みを帯びた膨らみを持っています。抜け毛のうち、80%以上がこの様な形態をした毛根であれば、異常脱毛による抜け毛の心配はありません。 一方、先端がやせ細かったり、萎縮がみられたり、短かったりすると、異常脱毛が疑われます。 これらの異常脱毛は、それぞれ原因が異なります。だから、ご自分の異常脱毛がどのタイプであるのかを正しく見極めて、適切な治療法を探す必要があります。 一番の近道は、専門の医療機関を受診することです。 あるいは、医療機関を受診することに抵抗があるならば、まずは、自分の髪の状態を詳しく知るために、専門の無料ヘアチェックを一度受けてみるのもおすすめですよ。加えて、頭皮の健康状態を整え、髪を優しく労わり、ストレスの原因や食生活を見直すことも大切なことなのです。また、シャンプーや育毛剤によっても、頭皮、頭髪の状態を改善することが可能なので、検討してみると良いでしょう。